羽生結弦の病気【喘息はり治療】置き針の場所はどこ?

スポンサーリンク

羽生結弦選手。フィギュアスケート
で有名な彼であるが、
持病は喘息ということで、
2歳から発症のため治療薬を
飲み続けているという

羽生結弦。硝子の肺をもつというのか?

天才によくありがちな持病と
戦いながらあれだけの演技を
しているのはスゴイ

喘息は背中を丸めると楽になる
という。彼も演技中苦しくなると
背中が自然に丸まってしまうという

喘息に羽生結弦はどんな治療しているのか?

・朝晩2回の飲み薬
・吸入薬
・置き針

置き針??針治療のしているのか?

置き針とは
シールに1~2ミリ程度の小さな
針がついておりそれを、ずっと
指したままにしておく治療

ということで

羽生結弦!喘息「置き針」を刺して
いる場所はどこか?

喘息に置き針といえば指す場所は
やはり「ツボ」だろう。

羽生結弦選手の置き針の場所が
刺さっている場所は公表されて
いるわけではないが
調べていくと・・

喘息の針治療でよく使われるツボとは?

針治療のツボはたくさんあったが
少し面白いなぁと感じたのは

・大椎(だいつい)
・咳喘点(かくぜんてん)

喘息のツボは首の
付け根近辺のツボをよく使うようだ

多分、羽生選手は首の後ろの
付け根あたりに置き針を
打ち込んでいると思われる!

そして!!!

羽生結弦の喘息のツボに関する
私の狙いは?

2番目の

・咳喘点(かくぜんてん)

という喘息のツボである
これは両方の手にあるという

ということは、

羽生選手を
TVなどで見かけた際は
ここを押しているような
素振りがあれば

羽生選手は自身で喘息のツボを
刺激し治療していると
予想ができる!!

・・・

ということで、
羽生結弦選手の持病が喘息なのは
周知の事実なので、

ここで
羽生選手がやっている置き針も
含め、喘息針治療に使われる
ツボさらに自分でも刺激可能な
ツボも紹介することにしてみた。

喘息は私も経験済みで、水泳を
よく勧められた。

羽生選手は
水泳はやっていなさそうだが
水泳も体力を消耗するから症状が
悪化するという人もいるので

最近は情報がたくさんあって
何をしていいかわからない中で
羽生選手が喘息に針治療を選んだ
というのは何か根拠があるのだろう

羽生結弦現在トロントで
練習するも、喘息の影響で
他の選手より連取時間は短い
というが、今後の活躍に期待したい

まとめ

羽生結弦選手の病気「喘息」
について、ネット上でいろいろ
調べていくと

2歳からの持病で喘息があるという
ことが分かった。

ファンとしては羽生選手の病気が
喘息だということは周知の事実
なため

羽生選手が喘息の治療に使っている
といわれる

「置き針」

の・・置かれている場所
について探っていくと

喘息の針治療に使われている
ツボは首周りにある
ということが判明。

さらに、

手にあるツボは自分でも
刺激することが可能なため
今後TVなどで羽生結弦選手が
刺激している

姿も見れるかもしれない。


羽生選手喘息のため他の選手より
練習時間も短くなってしまう
というが、

逆に言えば、練習時間が短くても
結果の出せる選手といえる

今後の協議も是非頑張って
いただきたいと思う。

関連記事⇒羽生結弦のネックレスは彼女のプレゼント?秘密って?

Sponsored links 
 
Sponsored links 
 

この記事を読まれた方は、こちらの記事もチェックしています


    Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/indo/y12.jp/public_html/wp-content/plugins/post-plugin-library/common_functions.php on line 174
      None Found

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ