広末涼子。映画『想いのこし』のポールダンスとは?あらすじは?

スポンサーリンク

広末涼子さんが『想いのこし』という
映画に出演しています。

映画『想いのこし』のあらすじは?

広末涼子さん。
映画 『想いのこし』では
1人息子を持つ
母親の役。ユウコ

この役は広末涼子さんの
私生活と一緒ですね・・・

子供を育てるため、
食べていくため、
生きていくために酒場で
ポールダンスのダンサーで
生計をたてているという役設定
ということです。

映画『想いのこし』に出てくるポールダンスって?

セクシーな衣装とピンヒールに身を
包み舞台の真ん中にたてられた
1本の丸い金属製のポール。

そのポールに巻き付いたり
絡みついたりクルクルと
回りながら踊るダンスです。

よくアメリカ映画なんかで
見かけますよね。

広末涼子さん扮するユウコは
羽の髪飾りをつけ極端に面積の
少ない衣装を身に着け
ピンヒールを履いて踊るわけです。

ポールダンスが終わると・・・

呼ばれる客席に降りていき
テーブルを回ってチップを
受け取るのですが・・・

酒を飲んで酔っぱらった客は
チップを普通に渡すわけもなく、
広末涼子扮するダンサーの
セクシーな衣装の合間にチップを
挟み込んでいくのです。

それが彼女 広末涼子さん扮する
ダンサーユウコの生活の糧となる
のですね。

酔っぱらった客を相手に
ポールダンスを踊る
ユウコ(広末)を息子は軽蔑
していたのですが・・・

その広末涼子さん扮するユウコは
亡くなってしまうのです。

残された1人息子。

その息子に、カジロウ(岡田)は?

「ダンサーも立派な職業だ、
仕事に尊い卑しい区別はない、
あなたの生活を支えるために
こんな苦労をしていたのだよ。」

ということ一生懸命教えようと
する岡田将生さんの役どころ。

彼も広末涼子扮するダンサーと
同じセクシーな衣装を身にまとい
女装してポールダンスを踊る
という・・

1人息子はこれでわかってくれる
のでしょうか?
無料視聴期間限定放映↓

広末涼子さんと岡田さん。映画『思い残し』に費やした練習時間は?

このために岡田将生さんは1か月半
広末涼子さんは3か月ポールダンス
の特訓をしたというのです。

ポールの8m上でポールを握って
しばらく浮かんでいるという高度な
ポーズがあるらしいのですが、
それを2人ともできるようになった
ということです。

この映画『想いのこし』
切ないストーリーも心を惹きつけ
られるが、この2人のポールダンス
のキレキレなポーズもかなり見もの。

まとめ

広末涼子 主演映画『想いのこし』は
亡くなってしまった広末涼子扮する
ユウコが亡くなったあとも
その人の思いを伝えていこうとする
笑って、泣いてのストーリー。

岡田将生さんの鍛えた肉体と
広末涼子さんのセクシーな衣装、
そして2人の特訓の成果が出た
ポールダンスは一見の価値あり
です。

Sponsored links 
 
Sponsored links 
 

この記事を読まれた方は、こちらの記事もチェックしています


    Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/indo/y12.jp/public_html/wp-content/plugins/post-plugin-library/common_functions.php on line 174
      None Found

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ