三浦泰年(キングカズの兄)の病気はバセドウ病?

スポンサーリンク

最近多いなぁ~と感じる芸能人の
病気であるバセドウ病。三浦康年
さん(三浦知良の兄)もバセドウ病
だという。

三浦泰年。現在は何をしているのか?

三浦康年さん元東京ヴェルディーの
監督で2015年現在は

タイ・ディヴィジョン1リーグ
チエンマイFC

の監督に就任しているという。

三浦康年さんタイランドに
いるんですね。いいですね~タイは
のどかな感じで・・

と旅行気分ではないか・・

三浦康年、バセドウ病と診断されたのはいつごろか?

三浦泰年さんの病気
バセドウ病の診断について
詳しいことはネット上には
なかったのですが、

1993年5月15日のJリーグ開幕時
三浦泰年選手は清水エスパルスの
主将だったが・・

三浦さんバセドウ病の治療のために
病室から試合を眺めていた
そうである。

つまり

三浦泰年さんのバセドウ病は
もうかなり昔からの話だそうである
20年以上前・・か

しかし、現在タイのサッカー監督
としてピッチに立っている以上
何とか三浦泰年さんバセドウ病
を乗り越えたのだろう。

でもすごい兄弟ですよね
兄弟そろってプロサッカー選手
で三浦泰年さんの弟・三浦知良さん

はまだまだ現役で活躍中

兄・三浦泰年さん、今後もタイの
チェンマイの監督ですか。。

頑張っていただきたいですね。

でもバセドウ病で亡くなるって
いう話聞きませんね。

しっかり治療すれば、改善する
疾患なんでしょうか
バセドウ病って・・

でもやはり病気は早期発見が
もちろんいいのでしょう。

女性のほうがバセドウ病に
かかりやすいということが
Wikipediaに載っていました

ストレスが原因でバセドウ病に
なってしまうそうなので

ストレス過労気味の人は
バセドウ病について調べて
見てもよいでしょう。

まとめ

芸能人の病気でバセドウ病の人が
多いなぁ~と感じでいたので
調べていくと

三浦知良(キングカズ)の兄
三浦泰年さんがバセドウ病に
かかっていたという情報が・・

三浦泰年さん現在、タイの
チェンマイのサッカーチームの
監督をされているということ

三浦泰年さんのバセドウ病が
いつ診断されたかの情報に関して
明確なものはなかったが

1993年のJリーグ開幕の試合は
バセドウ病の治療のため
病室から試合観戦をしていたそうだ

もう20年以上前ということで
かなり昔からバセドウ病を患って
いた。

今後も再発しないように注意して
タイのサッカーに監督として
貢献していただきたい。

芸能人の病気まとめ

Sponsored links 
 
Sponsored links 
 

この記事を読まれた方は、こちらの記事もチェックしています

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ