三宅裕司さんも病院で手術!ヘルニア治療は正しいのか?

スポンサーリンク

 

三宅裕司さん
椎間板ヘルニアで
病院でリハビリを
受けていたそうだ

手術は成功したそうだが
足にしびれは残るそうだ。

ということは手術失敗では?

とも思ったが、
成功と言っているのだから
成功というラインには
到達したのだろう。

このヘルニアと言う疾患
「飛び出す」という意味
なのだが
他にも

腰椎椎間板ヘルニア
頚椎椎間板ヘルニア
食道裂孔ヘルニア
鼠径靭帯ヘルニ

と「飛び出す」ということなのだが

何が??

となると椎間板ヘルニア
に関しては、
椎間板という背骨と背骨の
間のいわゆるクッション材
の中枢
にある

髄核というコアの部分が
後ろに突出して中枢神経を
圧迫してしまう疾患
なのだが

ヘルニアで痛みの
出ないケースも多いらしい

無症候性ヘルニアと言って
MRIで検査して見つかっても
痛みが出ていないものもある。

ということは
ヘルニアで痛みが出ていない
ケースも有るというのはどういった
理由なのだろうか?

今回、三宅裕司さん痺れが
残るということだが
どういうことなのだろうか?

問題定期してみる。

ヘルニア・・

もともと腰痛持ちの方に
多く見られる疾患

しかし、3ヵ月もすると
突出した髄核が体に吸収されて
痛みがなくなるはず。

つまり3ヶ月以上続く痛みには
ヘルニアではなく、もっと
他の原因が考えられるのでは
ないか。

さらに、痛みが改善したのに
MRIで撮ってみると
ヘルニアは出たままのケースも
多数あるという・・

そうじゃない場合もある!

という意見もあった。では
そうじゃない場合は
どう説明するのか
と思う。

中には、1年以上も痛みが続く
ケースがあるという。

一年も突出した髄核が
出続けている
なんて考えられるだろうか?

その間、だんだん
痛みは弱くなるという・・

そして、
また時々痛みが増悪する・・

何かがおかしい。

①神経は引っ張られると痛くなる。
これはすべての神経に共通する

②神経が圧迫される場合は痛みが
出ることもあれば、
出ないこともある。

ということは突出した、
いわゆるヘルニアが
神経を圧迫し、
圧迫で痛みが出るのではなく
圧迫され、そして神経の長さを
引き伸ばしたことが原因ではないか?

そうすれば説明がつく。

つまり突出したヘルニアが
神経の長さを変えるくらい
出てしまえば痛みがでて、

神経の長さを変えないくらいの
ヘルニアならば痛みが出ない

今回の三宅さんのヘルニアも
足に痺れが残るというのは
手術により、
ひどく突出したヘルニアは
取り除いた。

しかし元々神経をけん引する姿勢
が出来上がっていたのかもしれない。

そんなことを調べていると
ヘルニアに関する現代医学の
解釈が何か、間違ったと言うか
違和感を感じざるを得ない。

引用元
マークセラピー研究所
大阪,茨木,高槻,吹田で評判の整体

姫路駅前整骨院
大田区の久が原整骨院

関連記事⇒芸能人の病気まとめ

 

Sponsored links 
 
Sponsored links 
 

この記事を読まれた方は、こちらの記事もチェックしています


    Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/indo/y12.jp/public_html/wp-content/plugins/post-plugin-library/common_functions.php on line 174
      None Found

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ