宮芳平画家の作品は?宮芳平とは誰なのか?教員時代の長野の学校は?

スポンサーリンク

宮芳平画家。あの森鴎外と関係の
深い画家だそうで作品など他にも
「誰?どんな人なの?」という
疑問があったので調べてみました

宮芳平(みや よしへい)画家。
1893年~1971年 88歳没 京都にて
まあ長生きなほうなんですね。
画家とか文豪って短命な感じ
がしますが・・・

新潟県出身で東京美術学校に
通われ他の有名画家に支持し
ていたそうですね。

黒田清輝や森鴎外にも
指示していたそうで、

宮芳平画家。なんと森鴎外の
小説に登場していた?

森鴎外の作品
小説『天寵』
では宮芳平。
この作品のモデルにもなった
そうですね。

「私の所へ、アカデミィの制服を
着た一人の青年が訪ねてきた・・・」

としっかり小説の内容に
出演していたそうだ。

しかも宮芳平画家の
自伝もあるそうだ

宮芳平自伝 森鴎外に愛された画学生M君の生涯 / 宮芳平 【単行本】【楽天】

森芳平画家は長野県諏訪で
高等女学校の嘱託教員に
1923年になっていて
教えていたそうである。

宮芳平画家が教えていた
高等女学校は
現在の現・諏訪二葉高校だそうである

やはり当時女学校だということで
男女比が女性のほうが多いそうだ

宮芳平画家が教えていた
現・双葉高校Wikipedia

宮芳平画家の作品を見た
ネットユーザーの反応は?

・宮芳平さんに惹かれ
 見入りました(*^^*)

・宮芳平、今回初めて知りました。
 妻の肖像が素敵でした。

・日曜美術館の
 宮芳平の番組がよかった

など宮芳平画家に関して
良い評価もあったが、

生きざまなどに少し
疑問を感じる声も
聞かれた。

しかし、画家である以上
生活をある程度犠牲にしてでも
よりよい道具を使う。たとえば
生活が苦しくても

より良い高級な絵の具を使うなど、
奥さんも大変だったそうだが
それをしっかりサポートしていた
のはすばらしい。

宮芳平画家の作品は
たくさんあるようだが
著作権などの問題が
あるためページリンクに
とどめておきます。

宮芳平画家の作品

まとめ

宮芳平画家。
88歳でこの世を去るが
新潟生まれで森鴎外とも
つながりのある画家。

長野県の女学校の嘱託教員だった
こともあり、その高等女学校は
現・諏訪二葉高校。

現在・諏訪二葉高校は教学だが
男女比は女性のほうが多いという

宮芳平画家のネット上での
反応は、作品に関しては
良い評価が多かったが
生きざまに関するものは
意見を分けた。

しかし、芸術家としては
人生すべてをかける姿勢から
描き出された宮芳平画家の
作品に心打たれる方も多いだろう

Sponsored links 
 
Sponsored links 
 

この記事を読まれた方は、こちらの記事もチェックしています

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ