島耕作を演じたのは宅麻伸だけ?

スポンサーリンク


宅麻伸といえば、なぜだか
賀来千香子が思い浮かびますね。

宅麻伸、デビューは昭和54年
の俳優さん。

宅麻伸が主役というよりも
主役の相手役的存在が
多いみたい。

宅麻伸の話題作について
調べてみました。

宅麻伸の話題作は2時間サスペンスドラマだけではなかった?

宅麻伸。そう、宅麻伸。
昔からあのルックスとスタイル。
変りませんよね。

宅麻伸のデビュー当時から
土曜ワイド劇場の江戸川乱歩
シリーズにちょい役で出演して
いたらしいです。

ホテルのフロント係の役とか
美青年役とか・・

大河ドラマだってそうです
宅麻伸はかっこいい役ばかり・・・

だった・・・
過去形? そう過去形です。

宅麻伸が少しずつ
おかしくなってきた???

「サザエさん」のアニメ
じゃなくてドラマね。
宅麻伸がフグ田マスオ役で
出演してからではないでしょうか?

宅麻伸がサザエさんのマスオさん役で
出演したのは1992年のこと。

二枚目。かっこいい宅麻伸が
マスオさんですよ。
サザエさんのマスオさん。

マスオさんはどうみても
かっこいいとはいえませんよね~
ってこれ私の主観ですw

宅麻伸がどうしちゃったの?

宅麻伸、演技力の幅が広がったのは?

サザエさんのマスオさん役
くらいからじゃないですかね。

宅麻伸が迷いはじめたw

いやいや、
演技力の幅が広がりはじめたのは・・・

私が思うに、
宅麻伸のハマリ役はこれ!

課長 島耕作。

宅麻伸が演じる島耕作ってだれ?

島耕作ってね・・・
かっこいいんですよ!!

なんといっても「課長 島耕作」
コミック誌で連載1983年から
始まっているんです。

バブル期にサラリーマン島耕作が
どんどん出世していくストーリー。

作者は弘兼憲史。
ご本人も電器メーカーで
サラリーマン経験があるというから
リアルですね。

仕事も恋愛もガンガンの島耕作。
欲しがりさん島耕作。

出世も恋も
狙った獲物は逃がさない・・のか、
転んでもタダで起きないのか
島耕作。

人間味あふれて、可愛げさえある
島耕作のキャラクター

普通のサラリーマンじゃ
ありえないでしょ~~~

島耕作の出世ストーリーw

島耕作が課長時代にニューヨーク赴任。
白人の不倫相手との子供を、
その事実は秘密にしたままで
歌手として大ヒットさせる!!

島耕作は 成果をだして
業績あげて経営立て直しで
大出世!!!

ありえない島耕作w
だからサラリーマンファンが多いのか?

1983年からコミックが始まったって
いうから当時読んでたファンは
もうすでに50代。

島耕作と自分の人生を
重ね合わせるのか?

オレに出来なかったことを
島耕作はやってくれる・・のか
島耕作はオレの生まれ変わりだ・・
みたいなw

「課長 島耕作」出演したのは宅麻伸だけ?

宅麻伸が島耕作w

一匹オオカミで迎合しない
プライベートはハチャメチャだけど
すべて成功に繋げていく島耕作。

「島耕作」は1992年に映画化。
そのときの島耕作は 

笑うよwww 田原俊彦
当時はとしちゃんが
島耕作だったのね~

テレビドラマでは高橋克典が
島耕作役(日本テレビ)もありますが

特命係長只野仁のイメージが強すぎて
ちょっと硬派が好きな私としては
島耕作ではな~い。

フジテレビの「課長島耕作」の
島耕作役は宅麻伸。

やっぱり宅麻伸の島耕作でしょ。

信念持ってぶれない感じは
宅麻伸と島耕作の共通点じゃ
ないかな。

BSフジ名作ドラマ劇場で
再放送をしているときがあるみたい。
番組表をチェックして

「課長 島耕作」見てみよう!

いま見たい!すぐ見たい!
おすすめは無料で見れるHulu

2週間無料期間があるから
その間に ガッツリ
宅麻伸の「課長 島耕作」
みてみよう。

宅麻伸島耕作まとめ

島耕作はサラリーマンの夢。

一匹オオカミで迎合しない
プライベートはハチャメチャだけど
すべて成功に繋げていく島耕作。

仕事も恋も手に入れる島耕作。
転んでもタダでは起きない。

島耕作のイメージに宅麻伸はぴったり。

信念持ってぶれない感じが
宅麻伸の俳優としての生きざま
でもあるように思う。

人間味あふれて可愛げさえある
島耕作のキャラクターは宅麻伸
だからこそ演じることができる。

転機になったのは
サザエさんのマスオ役を
宅麻伸が演じてからではないだろうか。

硬いだけでなく、庶民的な役も
こなせるようになった宅麻伸は
マスオさんから。

宅麻伸にはかっこいい役も
演じて欲しいけれど、コミカルな
笑いをとれる役も見てみたいな。

ますますの活躍を期待しています。

宅麻伸が俳優になったきっかけは?意外な過去とは?

宅麻伸 激やせ理由は?離婚が・・

Sponsored links 
 
Sponsored links 
 

この記事を読まれた方は、こちらの記事もチェックしています

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ