渡辺徹51才で糖尿病心筋梗塞?30歳時も?

スポンサーリンク


渡辺徹さん。糖尿病による合併症
で2012年に心筋梗塞の手術を
受けていたそうですね。

命には何とか助かったそうです
が、糖尿病って本当に怖いですよね

渡辺徹さんが30歳でかかった急性糖尿病とは?

急性糖尿病は糖分を過剰に摂取
することにより急に
血糖値が上がって意識障害を
おこすらしい。

他にも急性糖尿病の具体的症状は
・喉が良く乾く
・頻尿
・疲れが取れない

などがあるという。
渡辺さんも30歳時に意識障害での
搬送だったのかは不明だが
充分考えられる。

急性糖尿病の原因の一つは?

急性糖尿病についてネット上で
調べていくと、

「ペットボトル症候群」

なんか昔聞いたことありましたね。
清涼飲料水の糖分が危険だ。
ということらしいです。

多量の清涼飲料水を飲んで血糖値
上昇で急性糖尿病発症し、
喉が乾くから、また飲む。

という風に危険だという。
もちろん糖を摂取しているのだから
そんな生活習慣があれば、糖尿病に
なるだろう。

渡辺徹さんも当時、そんな感じ
で急性糖尿病を発症したのだろうか

その後も、渡辺徹さん
51歳で糖尿病による心筋梗塞の
手術を受けたそうであるが、
血管詰まっちゃうんでしょうね。

渡辺徹さん糖尿病合併症心筋梗塞の手術に至るまでにどんな症状があったのか?

渡辺徹さん。糖尿病の合併症の
一種である心筋梗塞の手術を
受ける前の症状としては

2012・3月ごろ

・妙に疲れやすい
・階段をあがったら
 すぐに息が切れる

などだったそうである。

渡辺徹さんの場合、無事に生還
できたが糖尿病の合併症である
心筋梗塞、脳卒中などは
後遺症により
本当に人生が急に変わってしまう。

というか心筋梗塞なんか
死んでしまいます。

もしあなたが、太っているなら
対策は今のうちに。

まとめ

糖尿病の芸能人に関して
調べていくと、渡辺徹さん
が2012年に糖尿病の
合併症である心筋梗塞の手術を
うけていたことを発見した。

さらに、30歳で急性糖尿病で
病院に搬送されていたらしい。

「ペットボトル症候群」

なんていう
清涼飲料水を過剰に飲みすぎる
ことでも発症につながるという。

今後も日本の食生活が悪化していく
中で、肥満も増えてきた。

あなたも対岸の火事ではない
もし太っていたら、生活習慣
特に食生活を見直して
行く必要があるのではないか?

愛する家族を泣かせるも
喜ばせるもあなた次第である。

⇒内山信二糖尿病?デブすぎた危機!

関連記事⇒芸能人の病気まとめ

Sponsored links 
 
Sponsored links 
 

この記事を読まれた方は、こちらの記事もチェックしています


    Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/indo/y12.jp/public_html/wp-content/plugins/post-plugin-library/common_functions.php on line 174
      None Found

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ