佐藤優平。国士舘大学サッカー部時代の活躍の裏には!

スポンサーリンク

そんな佐藤優平さんの国士舘大学
時代に迫ってみたい。

佐藤優平さん国士舘大学時代の評判は?

佐藤優平さん。国士舘時代は
関東一部リーグでも
「あいつはすごい!」といわれる
くらい、サッカーが上手だったそうである。

そして、国士舘大学1年生から
試合に出場し

4年次は国士舘大学サッカー部の
主将だった。

佐藤優平さん自身。自分のサッカー
を淡々とやるスタイルだったそうで
派手な声掛けなどは、
あまりしなかったそうだ。

このあたり、成功者に共通する
考えですね。派手な一発を
好まず淡々やり続ける。

人生生きていくうえで、佐藤優平
さんのスタイルは、考え方としても
参考になりますね。

時折厳しさを見せていたそうで
あるが、チームのことを思えば
当然でしょうね。

佐藤優平さん。国士舘大学時代のポジションは?

佐藤さん。ポジションは「ボランチ」

「ボランチ」というポジションは
MF(ミッドフィルダー)の
最後方だという。つまり
DF(ディフェンダー)に近い
ところまで下がり、支持を出す。
という役回り。

重要な選手が任されることが
多いそうだ。

こちらにボランチについての説明があった

ボランチの役割とは

佐藤さん国士舘入る前から
このボランチのポジションだったそうである。

しかもこのポジションは攻撃
ではなく守り。守りなのに
佐藤選手は点を取ってしまうそうだ

佐藤優平さん。持論は大学行って
からプロになったほうがいいということだ

その理由は、行き成り高校から
プロに入ると試合になかなか
出られない。経験積むなら
大学のほうがいい。ということだ

このあたりも堅実ぶりが光る
佐藤選手。

2013年から横浜Fマリノスで
プレーし始め、モデルのMALIAさん
と結婚し、順風満帆。
ということで、今後の佐藤優平
選手に期待したい。

参考記事⇒佐藤優平選手。国士舘時代のインタビュー

まとめ

モデルのMALIAさんと結婚した
横浜Fマリノスのサッカー選手
佐藤優平さん。

大学は国士舘大学サッカー部で
主将。

ポジションは「ボランチ」
このポジションを小学校の時から
されている。

国士舘大学でも一目置かれ
考え方も堅実。

今後もしっかり堅実な
サッカーと夫婦生活を送ってほしい

Sponsored links 
 
Sponsored links 
 

この記事を読まれた方は、こちらの記事もチェックしています


    Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/indo/y12.jp/public_html/wp-content/plugins/post-plugin-library/common_functions.php on line 174
      None Found

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ