東大野球80連敗!?なんで?どうして?変革か?

スポンサーリンク

明大に敗れ、
ついに東大野球連敗80回・・・

なんでなのか?
どうしてなのか?

この大連敗
2010年秋から
始まったようだ

早大に7-2
しかも先制からの逆転負け。

早大に7-0 
かの有名な斎藤祐樹投手
(現・日ハム)に完敗

負け始まってから
6点を超える得点は
いまだかつてない。

大丈夫なのか?東大!

2014年からは
東大野球部は150キロの
速球を投げる
マシーンを導入した

勝てなかった。

どうしてだ?

東大浜田監督は
連敗していく中で
連敗71回目の時

「悔しい。
もう一回鍛えなおしたい」

と述べるが、
さらに負けは続いた。

原因は一体何なのか?

私としては、
監督にあるわけで
はないと思う。

選手にあるわけでも
ないと思う。

ここからは私見だが
東大って
勉強が好きな人たちの
集う場所で、
スポーツって感覚が
ありません。

それに国立だし、
お金で引っ張ることも
していないはず。

となれば、
スポーツで考えれば、
ある程度負けても
仕方ないのかなという感じ。

それに、

最近のインターネットの
普及などで
お金を稼ぐ方法も
多様化してきたのも
原因の一つと考えられる。

正直、いい大学に
入っていい会社に入れば
将来安泰ではない
という世論の最終結果

言っては言いすぎか?

牛丼屋のアルバイト不足に
関しても
お金を稼ぐ多様化から
中国人
アルバイターしかいない
ような気がする。

今は大学も学士の種類が
多くなりすぎて
ニュースにもなったばかりだ。

様々な価値やお金を
稼ぐ多様化とも言って
いいのかわからないが

東大の選手層を薄くし
成績を下げたのではないか
とも推察できるのではないかと思う。

これからの
日本だけでなく、
世界は若い人たちへの
魅力とは
いったい何なのかを
もう一度考え直し、

特に今まで何も
しなくても
儲かっていた職業や業界は
しっかり対応しなければ
ならない状況になった
のではないかと思う。

良くも悪くも時代は変わる。
最近は
ものすごいスピードで
環境が変わっている
のだから、
私たち個々だけでなく
国家も考える必要が
あるのではないだろうか。

東大が80連敗とは
時代の変革を一種物
語るストーリー
なのではないか?

(あくまでも私見である)

Sponsored links 
 
Sponsored links 
 

この記事を読まれた方は、こちらの記事もチェックしています


    Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/indo/y12.jp/public_html/wp-content/plugins/post-plugin-library/common_functions.php on line 174
      None Found

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ