トヨタ燃料電池車。燃費は?補助金は?

スポンサーリンク

トヨタが燃料電池車の燃費は、
いったいいくらくらいなのか?
と思って調べてみました。

すると?他にも補助金の
情報がありました。

トヨタが燃料電池で
動く車の価格が720万円
ということで、
高すぎるのではないか?

と思ったかどうかわかりませんが
国が動き出したようですね。

というのも、さすがに次世代の車
トヨタ燃料電池車と
いっても一台720万円
では一般庶民には、
ちょっと手が届かない。

さらに燃費が心配だ。

トヨタが燃料電池車には補助金が出る??

国はトヨタの燃料電池車に
200万円の
補助金を出すことを決めたようだ。

そうすると
トヨタの燃料電池車は
720万-200万=520万円

ということになるが、

これでもまだまだ高いのでは?
と思うのは私だけだろうか?

今後、中古車などが出まわっても
おそらく300万くらいなのでは
ないかと思う。

トヨタの燃料電池車の今後は?

生産台数がもっと増えて
小型車並みの低価格になるまでは
購入を控える方と

こういった燃料電池自動車
のような珍しいものに興味が
ある世代には売れるだろう。

実質燃費はいったいいくらくらいなのか?

燃料電池車の燃費の場合は、
ガソリン車とは違い
1リッター何キロ?ではなく
水素1リッターあたり何キロ?

という燃費の計算になるそうだ。

ただ水素は気体で
あるため圧力を
かけて充填しなければならない。

トヨタだけでなく
燃料電池車は水素で動くので
水素の価格というものが
あるそうだ。

燃料電池車を動かす水素の燃費とは?

あくまでも参考燃費だが

110~150円/1Nm3(水素)

1水素あたり110~150円の燃費
ということである。

ガソリンは現在、
140~170円/1L

ということは水素のほう燃費が安い。

そして気になる
燃料電池車の1km辺りいくらかかるのか?

10~14円/1km

ということは、

1水素あたり10㎞~14㎞
つまりガソリンと同じくらい
しか走らないが

燃費は現在ガソリンよりは安い。

ということで

今後ガソリンの価格が
下がらなければ、
トヨタの燃料電池車も
買いなのか?とも思った。

しかし、
まだインフラ整備が乏しい。

ガソリンスタンドは
全国いたるところに
存在するが、

水素ステーションは
まだ実験的に
ごく一部しか置かれていない
そうだ。

しかし、現在のガソリン高(原油高)
を考えると、原油に外交が
左右されている気がする。
そう言った意味でも今回の

トヨタの燃料電池車は、
日本だけでなく
各国が色んな意味で
外国に左右されない
形を取ることができるかも
しれない。

現在、水素はガソリンと
違い非課税ということだが

今後、国は燃料電池車に関して
燃料である水素の価格を

国の方針として
水素価格を「1水素あたり40円」まで
下げることを目標としているため
しばらくは、

というかある程度インフラが
整備されて一般に普及するまでは
課税しないだろう。

燃料電池車を
買うのは今かもしれない。

まとめ

トヨタが出した燃料電池車は
ガソリン車よりは、
現在燃費は良い。

価格は国が補助金を
200万円出して、520万円。

インフラ整備がしっかりして、
一般に広く出回るまでは

燃料電池車の燃料である「水素」
の価格を40円まで引き下げる方針で
あるため課税しないだろう。

ということである。

Sponsored links 
 
Sponsored links 
 

この記事を読まれた方は、こちらの記事もチェックしています


    Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/indo/y12.jp/public_html/wp-content/plugins/post-plugin-library/common_functions.php on line 174
      None Found

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ