無病法。「極少食の威力」の内容は?健康に長生きする方法!

スポンサーリンク


無病法。読んで字の
ごとくなのだが

この本の内容やあらすじは
食べないと体に悪いという
現代の常識にも近い考えと

真逆といえる内容である。

無病法は一体だれが書いたのか?

「無病法」極小食の威力
ルイジ・コルナロ (著)
中倉 玄喜 (翻訳)

で2012・5・19
に単行本が出版されている。

確かに、現代病といわれる
がん脳卒中心臓病などは
糖尿病を起因としたり
しているようだ。

そうなってくると、極少食の
ほうが良いのか?とも思う人も
増えているのではと思う。

「無病法」極小食の威力の簡単な内容やあらすじは?

・冷たい水分、や食べ物は
 内臓を疲れさせる
(牛乳、冷水、アイスクリーム)

・長寿遺伝子は、極少食により
 活性化する
(少食により長生きする)

・抗酸化食にする(殻菜食)

殻菜食レシピ

・運動⇒スポーツではな
 日常の動きをする
(炊事洗濯、歩行など)

などだそうだ。
他にもたくさん無病法が
記載されているが

これらの無病法を行い
ライフスタイルを変えた
人たちの、長寿遺伝子は

(長寿遺伝子は約500個あるそうだ)

3か月後には、病気を予防する
遺伝子が48個も活性化し

病気を促進する遺伝子453個は
活動を停止したそうだ。

つまり、この無病法の内容を
実践すると、病気にかかりずらい
体が手に入れるようだ。

他にもたくさんの無病法が
書かれているこの本を
あなたも読んでみては
いかがだろうか?

無病法 [ ルイジ・コルナロ ]

まとめ

「無病法」極小食の威力
ルイジ・コルナロ (著)
中倉 玄喜 (翻訳)

現代のライフルタイルの
常識を根底から覆すような
内容の本であるが

その内容に関しては

運動(生活)、抗酸化食、極少食
ほか

極少食をすることにより
長寿遺伝子が活性化し
長生きができるそうだ。

Sponsored links 
 
Sponsored links 
 

この記事を読まれた方は、こちらの記事もチェックしています


    Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/indo/y12.jp/public_html/wp-content/plugins/post-plugin-library/common_functions.php on line 174
      None Found

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ